結婚準備

結婚準備をしよう

結婚するお二人に送る贈る知っておきたい結婚式までのステップ
ご新郎、ご新婦が結婚式を上げるまでの工程を基本に、実践で役立つ知識として作成致しました。

☆始め結婚式のイメージを決めましょう
コンセプトに肉づけをして最後的に挙式、披露宴の選出ができます。方向性が決まっていると計画がスムース進みます。

お二人でアイデアを出し合ってコミュニケーションを取りましょう。
ある程度決まったら、友人に聞いたり、ブライダルサロンや、ウェディングプランナーに相談します。 プランナーはご新郎、ご新婦の要望を聞き出しアイデアを提案してくれるでしょう。

イメージカテゴリとして厳粛、ゴージャス、親孝行、やすらぎ、お料理、和風、サプライズ、手作り、こだわり、華やか、ふれあい、音楽など決めると具体的に勧めやすくなります。

  • お二人で挙式のスタイルを決めます。先日参加した式でご新郎が「挙式前は何かと不安がつのり、その結果として様々な結婚手配が面倒になっていた」と伺いましたが、男性にとってはそうかもしれません。
    まずは基礎となる、挙式形態を「キリスト教結婚式・人前結婚式・神前結婚式・仏前結婚式または写真結婚式」から選択します。
  • 次に会場を決めることになります。
    ここでは予算がどのくらいかによって決まる部分もありますし、ゲストの招待数により変わるでしょう。一人で考えても大変なので、インターネットやウエディング雑誌などで式場や披露宴会場の情報収集を行います。

  • ウエディング専門誌を利用しての情報収集の場合、コスト面から見ると少しお高いかもしれません。広告費の回収がありますので仕方がないかもしれません。
    それに比較してインターネットを利用すれば効率的な情報獲得が可能です。月刊誌は月単位で情報を更新していきます。ネットはレアルタイムで情報はより新鮮になります。そして会社紹介はしっかりと見ましょう。

挙式スタイルと予算が決まればかなり楽になります。